水に含まれるミネラル成分は体にとって大切です

人の体を構成する五大栄養素は「炭化水素」「たんぱく質」「脂質」「ビタミン」そして「ミネラル」です

このミネラルはそれ自体はカロリーを有していません
しかし、ミネラルと呼ばれている物の多くはビタミンやたんぱく質と微妙に関係しあい、体の中でいろいろな役割を果たしています

お店で水(ミネラルウォーター)を買って来ると、そのラベルに書いてある成分は基本的には「カルシウム」「マグネシウム」「カリウム」「ナトリウム」が主に表示され、「サルフェート」や「バナジウム」が物によっては記載されています

しかし、実際にはそれ以外の微量元素も含まれており、それぞれ体の中で重要な役割を持っていますが、種類や存在量が表示されていないのが実情です

以下、一般的に表示されているミネラル(カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム)とその役割などについてまとめてみます


カルシウム
カルシウムは人間の体にもっとも存在量の多いミネラルです

カルシウムの分布量は、頭骨や骨格に99%、細胞の内外に0.9%、血液に0.1%と、ほとんどは骨に集中しています

不足すると、まず骨軟化症、歯質の低下、老人に多い骨粗鬆症が現れます

次に筋肉や神経系の興奮性の抑制力低下、いらいら(いらだち)が見られます(すぐ怒る人を「カルシウムが足りない」というあれですね)

その他に、神経伝達、血液凝固、酵素の活性化に障害が現れます

カルシウムの摂取必要量は1日700mgです

【カルシウムの役割】
・リン酸カルシウムとして骨や歯を作る
・血液の凝固に関与
・酵素の活性化促進および調整
・筋肉の収縮
・神経興奮の抑制


マグネシウム
マグネシウムの体内存在量はおよそ0.14%で、比較的摂取量の多いミネラルです(存在量順位としては5番目くらい)

マグネシウムはカルシウムと同様にその70%が頭骨や骨格にあり、カルシウムやリンと複塩を構成して存在しています

残りは軟組織や髄液、その他血球や筋肉の細胞内に分布しています

マグネシウムが不足すると、細胞や体液中のカリウム、ナトリウム、カルシウム濃度の二次的変化が起こり、心機能に影響を与えます
その他に、筋肉の痙攣、情緒不安定などの症状が現れます

マグネシウムの摂取必要量は1日250mgと言われています

【マグネシウムの役割】
・頭骨や骨格の構成成分
・酵素の補因子(金属イオンとして)、エネルギー代謝反応に寄与
・たんぱく質合成作用
・神経、筋の興奮性の正常化


カリウム
カリウムは主としてリンやたんぱく質と結合し、細胞内液に多量に含まれています

全血液中で1デシリットル当たり200mg、血漿では20mg、神経組織では530mg、筋肉組織では300mg程度と言われています

カリウムの主な役割は、細胞内液の酸・塩基のバランス、細胞内液の浸透圧の調整、筋収縮および神経の伝達、リボソーム上でのタンパクの合成などです

神経刺激伝達や細胞内外の浸透圧調製に置いてナトリウムと密接な関係にあります

カリウムは細胞や体液中のカリウムイオンとして存在し、その許容量は他のミネラルに比べて極めて狭く、健康な人の正常範囲は1リットルあたり3.6〜5.0mmolです

逆に血液中のカリウム濃度が正常値の3倍くらいになると心臓が止まります

カリウム摂取不足が続くと低カリウム血症となり、筋肉の脱力感、頻脈、心拡張症などを起こします

【カリウムの役割】
・細胞内液の酸・塩基バランス
・細胞内液の浸透圧の調整
・筋収縮および神経の刺激伝達
・リボソーム上でのタンパク質の合成


ナトリウム
ナトリウムの体内存在率はおよそ0.14%で、マグネシウムや塩素とほぼ同じです

このうち1/3は頭骨や骨格に存在し、残りはナトリウムイオンとして細胞外液中に分布しています

ナトリウムの主な役割は、細胞外液の酸・塩基のバランス維持、緩衝作用の主要因子として働き、細胞外液には食塩、炭酸水素ナトリウムとして存在します
その他は体液浸透圧の維持、神経の刺激伝達などがあります

また、神経刺激伝達や細胞内外のイオン濃度の維持の働きでは、カリウムイオンと密接な関係にあります

白米を主食とする日本人のナトリウム必要量は、食塩として1日10g以下を努力目標として、各医療機関で指導に当たっています

【ナトリウムの役割】
・細胞外液の酸・塩基のバランス維持
・体液浸透圧の維持
・神経の刺激伝達
・食欲の増進


水・ミネラルウォーター@Amazon
Amazonの「水・ミネラルウォーター」カテゴリーはこちらからどうぞ
posted by 修行中の水のソムリエ at 10:16 | Comment(0) | 水に含まれるミネラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。