水の硬度による分け方:硬水と軟水

硬水とか軟水という言葉はわりと聞いた事があるのではないでしょうか?
硬度による水の分類についてまとめてみました


「硬度」と水
「硬度」とは、1Lの水に溶けているカルシウム(イオン)とマグネシウム(イオン)の量を表した言葉です

「硬度」は下記のように計算されます(アメリカ硬度)

硬度=(カルシウム量mg/L×2.5)+(マグネシウム量mg/L×4)


WHO基準によると下記のような分類がされています
120mg/L未満を「軟水」、120mg/L以上を「硬水」とよびます

一般的には下記のような分類がされています
0〜100mg/L :「軟水」
101〜300mg/L :「中軟水」
301mg/L以上 :「硬水」


軟水の特徴
・カルシウム(イオン)とマグネシウム(イオン)が少ない
・ミネラルが少ないので味にくせがなく飲みやすい
・素材の味を損なわない
・お茶やコーヒーなどの飲料用に適している
・マグネシウムが少ないので乳幼児の粉ミルクを作るのにも適している


硬水の特徴
・カルシウム(イオン)とマグネシウム(イオン)、その他ミネラル(カリウムやナトリウム)が豊富に含まれている
・ミネラル補給に適している
・マグネシウムが多いと苦味が強く味にクセがある
・マグネシウムが多すぎると胃腸障害を起こす場合がある(※1)
・石鹸の脂肪酸とマグネシウムが結合すると泡立ちにくくなる(※2)
(※1)硬度の高い飲料水は説明書の注意書きをよく読んでお飲みください(特に乳幼児、子供に飲ませるときは要注意です)
(※2)洗濯するのにわざわざ買ってきた水を使うことはないと思いますが、どこかのキャンプ地などで洗濯する時に湧き水などを使うとあわ立ちにくい場合もあります



硬度の違いはなぜ生じるのでしょうか?
硬度の違いは、水源の環境が大きく影響します
一般的に、水が浸透(水が染み込む)する地層にカルシウムやマグネシウムが多ければ「硬度」が高くなり、少なければ「硬度」が低くなります
また、長い時間をかけて浸透すると「硬度」が高くなり、短時間になれば低くなります

日本は国土が狭く地中に浸透している時間が短いので、「軟水」が多いと言われています


では、「奥大山の天然水@鳥取県」と「コントレックス@フランス」のラベルを見てみましょう

奥大山天然水.JPG

「軟水」と表記がありますね


コントレックス.JPG

「硬水」と表記がありますね
コントレックスはさらに、硬度約1468mg/Lとかなり高い硬度ですので、乳幼児の飲用はお控えくださいと注意書きがされています
posted by 修行中の水のソムリエ at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水の硬度と軟水・硬水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。